2017年発足の北海道民放クラブで最も新しい会です。川柳歴 50余年の鳥羽部会長が17音字の詩を手ほどきします。
川柳は穿ち(うがち)です。穿ちとは見つけることであり、気づくことであり、感じること。そして、選ばれた言葉で韻律化することです。
俳句と違って、季語がなく余韻を求めません。品の良い川柳は人間を詠う詩です。
 
部会長:鳥羽(HBC) 世話人:湊(Air G