参加者 HBC:伊東・井上・岡田・棟夫妻・冨原・松田・山形夫妻 STV:井上・北島・平松
UHB:鹿股・高橋・塚本・中西・宮川 Air G:湊夫妻

ゆとりシートバスプラン・青い池や花畑巡る日帰り旅行
「一山の涼しさほしい外来人」
「一山も容れ極彩の青い池」
十勝連峰を望んで
7月5日以来20日間続いた夏日が一休みの25日、クラブツーリズム企画「ゆとりシートプラン、自然の神秘・青い池、十勝連峰のビューポイント・ラベンダー香る富良野・美瑛花畑」に20人が便乗参加しました。
札幌発着です。
一番の人気スポット、ファーム富田。
紫の絨毯が広がる「トラディショナルラベンダー畑」美瑛展望台、四季彩の丘、十勝連峰と広大な花畑を鑑賞しました。
そして、白樺街道経由で白金のいま話題の青い池へ。澄み切った青い水と立ち枯れたカラマツが織りなす風景が神秘的です。人気上昇中のスポットを散策したあと、十勝連峰を見渡す絶景の深山峠、アークパークを見学しました。
澄んだ空気のもと、昼食の花畑弁当を終えて、ふらのワイン工場で試飲。土産の買い物を済ませて、美瑛の街を一望し、田園風景の絵画を創造出来ました。
今回の旅行はポイントが多いものの、時間的な余裕ある観光だったのが何よりでした。
池の青い理由は白金温泉地区で湧き出している「白ひげの滝」などからのアルミニウムを含んだ水と美瑛川の水が混じり、水中でコロイドが生成され太陽光線で散乱。波長の短い青い光が出るのだそうです。しかし、科学的には明確な原因は未だ解明されていないとか。 (伊東 記)