北海道民放クラブでは、会報「北海道民放くらぶ」を5・8・11 月の年3回発行しています。
「会員寄稿文」は、会報に掲載された会員の体験談・旅行記・健康法や闘病記などをご紹介します。








 柏倉 宏聿
 会報2016年2月号 掲載

柏倉(HBC)さんは北海道新幹線開業 29年前、開通したばかりの青函トンネルを歩いて津軽海峡を渡りました。海底下の世界は、どんなだったのでしょうか。ようやく、新幹線が開通するのを機に当時の思い出を語ります。

(会報掲載文に加筆 構成:内田)
「海の底をテクテク≠S万歩」 PDFはこちら




 上野 正志
 2014年5月掲載
上野(HTB)さんは、大林宣彦監督映画「野のなななのか」に主人公の友人役で出演しました。素人演劇の経験はあるものの映画は初めて。監督75歳、上野さん77歳の経験を語ります。(会報掲載文に加筆・修正)

「喜寿(ななじゅうなな)の映画出演」
俳優上野の『野のなななのか』のPDFはこちら




 佐々木 弘
 2012年5月〜2013年8月掲載
佐々木(HBC)さんは1980年から1984年まで、JNN系列(TBS・HBC)サンパウロ支局の初代支局長としてブラジルのサンパウロに駐在。
アルゼンチンとイギリスとの領土を巡る「フォークランド紛争」や、南極などの取材に当たりました。(会報掲載文に加筆・修正)

「海外特派記者の備忘録」
マイク片手に叱られっ話 @ 〜 E 第1回から最終回までのPDFはこちら




 内田 昭憲
 2011年5月〜2014年8月掲載
内田 (HBC) さんは2005 年10 月から2年間、JICA シニア海外ボランティアとしてモンゴルに派遣され、首都ウランバートルにある公共放送(旧国営)MNBでアドバイザーを務めました。アジアの親日発展途上国で体験した初の海外赴任。
近くて遠い国モンゴルでの波瀾万丈の生活を綴ります。(会報掲載文に加筆・修正)

「草原の放送局」
 第 1 回  N 君のストップウォッチ  
 第 2 回  誇り高き老舗ステーション
 第 3 回  日本人スパイの汚名
 第 4 回  公共放送が本格スタート
 第 5 回  「元スパイ」が考えた作戦
 第 6 回  通訳者は家族同然
 第 7 回  ラジオ少年復活〜その夜
     
  「草原の放送局」第1回から第7回までのPDFはこちら   
     
     
 第 8 回  事件発生〜その朝  
 第 9 回  悲しみと戦慄の2週間
 第10 回  復活へのシナリオ
 第11 回  裁判を傍聴〜信頼を獲得
 第12 回  海外ボランティアの光と影
     
  「草原の放送局」第8回から第12回までのPDFはこちら 
     
     
 第13 回 エピローグは新疆ウイグルで   
   
 番 外 編 蛇のご利益〜ツェンケルジグール温泉 
  (日本民放クラブ会報「民放くらぶ」
   2008年1月の掲載文に加筆・修正)
     
  「草原の放送局」 第13回と番外編のPDFはこちら