北海道民放クラブは 1989(H1)年創立。全国の民間放送とその関連会社に在籍したことのあるOB/OGの会です。
ご入会を歓迎します。

「現役時代は熾烈な競争を続けたみなさんと、還暦・古希をへて、いまこうして共に相寄って人生最後の坂道を楽しみながら歩いて行けるのは大いなる喜びです」(和田 朗氏の定時総会あいさつより)



入会金:3,000

年会費:3,000(下期入会の場合は半額)

北海道民放クラブでは、各社出身の退職者と交流ができるほか、趣味や特技を生かした同好会活動・ボランティア活動に参加して、リタイヤライフを有意義に楽しめます。
クラブに入会されますと、同時に「日本民放クラブ」の会員となります。
入会ご希望の方は事務局にご連絡ください。


060-0001
札幌市中央区大通西8丁目2-39 北大通ビル2F C号室

北海道民放クラブ事務局           TelFax  011-272-0276

 
 

毎水曜日10時〜12時 事務局員が詰めていますので、お気軽にお立ち寄り下さい。
なお、第5水曜日はお休みです。


北海道民放クラブは、会員のボランティアによって運営されています。
同好会の部会長・世話人はボランティアです。そのほかに、つぎのような仕事があります。

(クラブには退職者のほか現役のみなさんも入会できます。また、会員には放送関係者以外に賛助会員の制度もあります。くわしくは事務局にお問い合わせください)

● 社会活動部会
(社会活動部会のページをご覧ください)

事務局活動
事務局長をはじめ事務局員は、定期的に事務局に詰めて、会員管理や会計事務を含めたクラブ運営の事務を行っています。また年次総会・理事会など会議の招集と運営も行います。会報やお知らせ印刷物の発送業務、日本民放クラブ・各地の民放クラブとの連係も大事な仕事です。業務が多岐にわたるクラブの司令塔です。事務経験の豊富な会員の参加を歓迎します。

● クラブ会報発行

社会活動・同好会活動の報告を中心に、総会やクラブ運営の動きなどを伝える広報活動です。会員の体験記やエッセイ、思い出の投稿も掲載しています。会報発行は年3回で、編集長のもと数名の担当者がいます。報道経験者をはじめ参加歓迎です。

● ウエブサイトの制作・運営管理

クラブ内活動報告ほか、クラブ会報に載った会員の体験記などを、文とカラー写真で再構成し、クラブの公式ウエブサイトに掲載しています。
事前告知を含めた内外への広報を担い、編集とアップロード、サイト管理をする仕事です。権利関係に配慮しながら編集ができて、ITに明るい人材を歓迎します。

ボランティア募集中!